神奈川県横浜市の末原刑事法律事務所公式サイト(刑事事件・少年事件に強い弁護士が適正な弁護士費用で迅速に対応・誠実に弁護いたします。神奈川・東京対応)

ご家族が逮捕されてしまったら,今すぐお電話を!

045-620-9007

無料メール相談はこちら

初回電話相談は無料
9:00~23:00(土日祝対応)
対応地域:神奈川県・東京都

原判決破棄

地方裁判所の判決に不合理な点があることを,高等裁判所に認めさせようとするのが控訴,高等裁判所の判決に不合理な点があることを,最高裁判所に認めさせようとするのが上告です。ですので,地裁や高裁の判決のここがこうおかしい,という主張を,いかに説得的に展開し,原判決を破棄させるかが,控訴や上告において最も重要です。

控訴審では,事実取調べ請求という形で,証拠の追加提出が一部認められており,例えば,地裁判決後に示談が成立した場合,高裁に示談書等を提出すると,実刑判決が破棄されて執行猶予判決に変わることがあります。一方,上告審では,証拠の追加提出は認められておらず,上告の理由も,憲法違反判例違反に限られていますので,控訴審以上に厳しい戦いを強いられます。

控訴申立書上告申立書を提出後,しばらくすると控訴趣意書上告趣意書の提出期限が定められ,期限までに書面を提出することになりますが,裁判資料を徹底的に読み込み,相当強力な書面を書き上げなければ,高裁や最高裁に一蹴されて終わってしまうのが控訴・上告です。否認事件における反対尋問と同様,弁護人の技量が非常に要求されるところで,経験豊富な弁護士に依頼することが必要不可欠です。

その他のご案内

弁護士等紹介
ご依頼の流れ
お客様の声

無料法律相談はこちら

無料電話相談はこちら

無料電話相談はこちら

045-620-9007

電話相談受付時間:9:00~23:00(土日祝対応)

電話相談受付時間
9:00~23:00(土日祝対応)

無料相談フォーム

お気軽にご相談ください

遠慮なくご相談ください!

top