神奈川県横浜市の末原刑事法律事務所公式サイト(刑事事件・少年事件に強い弁護士が適正な弁護士費用で迅速に対応・誠実に弁護いたします。神奈川・東京対応)

ご家族が逮捕されてしまったら,今すぐお電話を!

045-620-9007

無料メール相談はこちら

初回電話相談は無料
8:00~23:00(土日祝対応)
対応地域:神奈川県・東京都

痴漢

割引プランのご案内

痴漢事件につきましては①単純な条例違反の事案であり,身柄拘束されていないこと,②罪を認め,示談を希望していること,③前科前歴がないこと(交通違反除く),という3条件を満たす方に限り,総弁護士費用30万円(税抜)での弁護が可能です。

実費・日当等これ以外の弁護士費用は一切頂きませんので,是非ご利用ください。

法定刑

痴漢の罪を犯した場合,神奈川では,1月以上1年以下の懲役または1万円以上100万円以下の罰金に処せられます(神奈川県迷惑行為防止条例3条1項1号,15条1項)。

また,常習痴漢の罪を犯した場合,神奈川では,1月以上2年以下の懲役または1万円以上200万円以下の罰金に処せられます(神奈川県迷惑行為防止条例16条1項)。

なお,痴漢行為または常習痴漢行為から3で時効になります(刑事訴訟法250条2項6号)。

弁護方針

痴漢につきましては,以下の解説のほか,お知らせ「痴漢と盗撮と淫行」「痴漢と強制わいせつ」も併せてご覧ください。

逮捕等回避

痴漢の場合,被害者とは面識がないことが多いため,被害者に対する働きかけのおそれは低く,現行犯逮捕されたり,事件直後に逃走したりしていない限り,逮捕される可能性は低いといえます。逮捕されてしまったとしても,勾留は認められないことが多いですが,特定の被害者に何度も痴漢していたような悪質な事案の場合,勾留されてしまうこともあります。早期に弁護士に相談し,自首も検討しつつ,逮捕・勾留回避活動をしっかり行い,逮捕・報道回避,釈放獲得を目指す必要があります(お知らせ「刑事事件の報道や勤務先・学校への露呈の回避」も併せてご覧ください)。

仮に勾留され,起訴されてしまったとしても,弁護士が適切な内容の保釈請求をすれば,保釈が認められる可能性は十分にあります。示談が成立すれば,その可能性はさらに高まります。もっとも,極めて悪質な事案の場合,保釈が認められないこともあります。このような場合,裁判がある程度進んだ時点で,再度保釈にチャレンジすることになります(お知らせ「勾留と保釈」も併せてご覧ください)。

認め事件

痴漢の場合,弁護士を介して被害者に謝罪した上,示談成立を目指すことが活動の中心になります。初犯であれば,示談が成立すれば起訴猶予,成立しなければ略式罰金,と原則考えていただいて結構ですが,同種の前科前歴が増えるにつれ,徐々に刑罰が加重されていき,最終的には実刑まで行ってしまうケースもあります(お知らせ「示談」「情状弁護」も併せてご覧ください)。

また,被害者が示談を完全に拒否している場合,弁護士を介して贖罪寄付を行うこともあります。もっとも,後に被害者が翻意し,寄付金に加えて示談金も用意しなければならないリスクもありますので,贖罪寄付を行うかどうかは,慎重に判断しなければなりません。

他に,自首依存症治療,家族など監督者の存在のアピールなども必要になってきます。特に,繰り返し痴漢行為に及んでしまっている場合,弁護士が紹介する専門のクリニックで性依存症治療を受けなければ,再犯を防止することは難しいといわざるを得ません。

また,弁護士が行為の態様・結果・動機といった基本的な部分もきちんとチェックし,当該痴漢行為が同種事案の中で特に悪質とまではいえないと主張できるような要素を,漏れなく拾い上げる必要もあります(お知らせ「行為責任主義」も併せてご覧ください)。

否認事件

痴漢の場合,捜査段階では,弁護士が頻繁に接見するなどして取調べ等の捜査状況を把握すると共に,終局処分の見通しを早期に把握することが必要不可欠です。主たる証拠が被害者供述しか存在しない上,その供述が具体性を欠いていることがうかがわれる場合など,弁護士の見極め次第では,嫌疑不十分を狙うことも十分にあり得るところです。

裁判段階では,弁護士が検察官証拠を吟味し,必要な証拠をさらに開示してもらって精査し,検察官立証の要を崩す方策を見つけ出す必要があります。証人の証言の不合理な部分を反対尋問で徹底的に叩いたり,提出されている客観証拠からだけでは被告人が罪を犯したとはいえないことを説得的に論じたりするなど,事案に応じ様々な手を打っていくことになります。

事案ケース

電車内で成人女性に痴漢したという条例違反の事案で,示談や更生環境整備等の活動により,起訴猶予処分を獲得したケース

まず最初に,先生に厳しく接していただけました事,ご指摘いただけました事,非常に感謝しております。

ありがとうございました。

被害者様への謝罪文をキチンと書けずにいるところへ,それは身勝手だからだ,とご指摘いただけた事で,目が覚める思いでした。

これにより,事件に対し,ちゃんと向き合い始めることが出来ました。

また,その後も,丁寧に,何度も経過報告の連絡をいただけた事で,現在がどの様になっているか,今後どうなって行くか,その都度確認でき,非常に安心できました。

ありがとうございました。

当初,妻との離婚を恐れ,常習であったにもかかわらず,初犯であると,周りに全てウソをついておりましたが,先生からの連絡の中で,被害者様が非常に怒っている,との情報をいただけた事により,ウソのまま進んでいく事は,被害者様に対し大変失礼であり,あまりにも申し訳ないという事を思い知らされ,妻をはじめ,周りに打ち明ける事が出来ました。

これにより,本当に事件に向き合う事ができました。

そして最後に,示談成立,不起訴処分の結果を導いていただけました事,本当にありがとうございました。

妻共々,お礼申し上げます。

今後,もう二度とこの様な過ちを犯さないよう,クリニックでのプログラムを通して,頑張って取り組んでまいります。

弁護士から

まず自己保身を考えてしまう性根を叩き直していかないと,真の更生はあり得ません。万が一次があれば,離婚などさらに多くのものを失うことになりますから,心して通院治療に取り組んでください。

事案ケース

罰金の同種前科が2件ある中,電車内で痴漢をしたという条例違反の事案で,示談や依存症治療を始めとした更生環境整備等の活動により,起訴猶予処分を獲得したケース

私は,過去2回,迷惑防止条例違反で捕まり,罰金を支払いました。

そして,今年の5月に,同内容で逮捕され,罪を認め,警察署に2日間留置後在宅捜査となり,どのような処分となるのか不安でしたが,第一に被害者の方に謝る事,そして示談できればと思い,この度末原弁護士に依頼しました。

警察署に留置中,一度弁護士に相談ができるという事でお願いしましたが,その時の弁護士は,なぜかあまりよく話を聞いてくれず,不安な気持ちになりました。

在宅捜査中,自分なりに被害者の方のお気持ちを考え,1週間後位に,末原刑事法律事務所に電話相談をし,翌日,事務所へ訪問しました。

末原弁護士は,話しやすく,丁寧に説明してくれる先生で,とても安心しました。

まず,加害者の側から謝罪の意思を示す事で,示談手続をお願いしました。

また,私が繰り返しこのような事を起こすのは,依存性が高いからと指摘され,専門のクリニックも紹介してくれました。

被害者の方への謝罪文等も,何回も一緒に考えていただき,先生に依頼してから1か月と経たずに示談が成立し,事件の翌月末には,先生から「不起訴になりました」と連絡があり,約2か月間の精神的苦痛みたいなものから解放されました。

末原先生,本当にありがとうございました。

弁護士から

より厳しい処分になることもあり得ましたが,無事起訴猶予となり,本当に良かったです。被害者の方からの厳しいお言葉を忘れることなく,もう二度と今回のようなことがないよう,しっかり通院を続けていってください。

事案ケース

夜間路上で見知らぬ女性に痴漢をしたという条例違反の事案で,自首や示談等の活動により,起訴猶予処分を獲得したケース

その節はたいへんお世話になりました。

事件を起こした直後,私はいつ逮捕されるのかという不安にかられ,その日のうちに末原先生に相談に乗っていただくことになりました。

先生には私の置かれている状況を分かりやすくご説明いただきました。

そして,今後のことを見据えたうえで,弁護活動にご尽力いただけるとの言葉をいただき,警察に赴くことを決心しました。

いまでは先生を信頼して決断したことは正しかったと思っています。

警察署に赴くことは,たいへん不安でしたが,先生にご同行いただき,署のかたに私の身の上についてご説明いただいたおかげで,取調べを受けた後も逮捕されることなく,その日のうちに帰宅することができました。

その後,先生には示談の成立にむけてご尽力いただき,おかげさまで早々に被害者様との示談をおまとめいただき,不起訴処分を受けることができました。

現在では,失いかけていた社会生活も取り戻すことができ,更生に努める日々を過ごせております。

これも偏に末原先生の迅速且つ誠意あるお仕事によるものと,心から感謝いたしております。

ありがとうございました。

弁護士から

条例違反ではなく,強制わいせつとされてしまう可能性もありましたので,自首してきちんとお話をされたことは,非常に良かったと思います。無事示談も成立して起訴猶予となりましたが,お仕事のストレスとどう折り合いをつけていくかが今後の課題かと思いますので,心して生活していっていただければと思います。

その他のご案内

弁護士費用
ご依頼の流れ
お客様の声

無料法律相談はこちら

無料電話相談はこちら

無料電話相談はこちら

045-620-9007

電話相談受付時間:8:00~23:00(土日祝対応)

電話相談受付時間
8:00~23:00(土日祝対応)

無料相談フォーム

お気軽にご相談ください

遠慮なくご相談ください!

top