神奈川県横浜市の末原刑事法律事務所公式サイト(刑事事件・少年事件に強い弁護士が適正な弁護士費用で迅速に対応・誠実に弁護いたします。神奈川・東京対応)

ご家族が逮捕されてしまったら,今すぐお電話を!

045-620-9007

無料メール相談はこちら

初回電話相談は無料
8:00~23:00(土日祝対応)
対応地域:神奈川県・東京都

強制わいせつ

法定刑

強制わいせつや準強制わいせつの罪を犯した場合,6月以上10年以下の懲役に処せられます(刑法176条,178条1項)。

もっとも,その際に被害者が死傷した場合,強制わいせつ致死傷の罪となり,無期または3年以上20年以下の懲役に処せられ,起訴されると裁判員裁判になります(刑法181条1項,裁判員の参加する刑事裁判に関する法律2条1項1号)。

なお,強制わいせつ行為から7,強制わいせつ致傷行為から15,強制わいせつ致死行為から30で時効になります(刑事訴訟法250条1項1号,2項2,4号)。

弁護方針

強制わいせつにつきましては,以下の解説のほか,お知らせ「痴漢と強制わいせつ」も併せてご覧ください。

逮捕等回避

強制わいせつの場合,痴漢に近い事案だと,逮捕されない可能性もありますが,強制性交等に近い事案だと,逮捕・勾留を回避することは非常に困難です。被害者との面識の有無も,逮捕・勾留の判断に大きく関わってきます。早期に弁護士に相談し,自首も検討しつつ,逮捕・勾留回避活動をしっかり行い,逮捕・報道回避,釈放獲得を目指す必要があります(お知らせ「刑事事件の報道や勤務先・学校への露呈の回避」も併せてご覧ください)。

仮に勾留され,起訴されてしまったとしても,弁護士が適切な内容の保釈請求をすれば,保釈が認められる可能性はあります。示談が成立すれば,その可能性はさらに高まります。もっとも,強制わいせつ致死傷のような悪質な事案の場合,保釈が認められないこともあります。このような場合,裁判がある程度進んだ時点で,再度保釈にチャレンジすることになります(お知らせ「勾留と保釈」も併せてご覧ください)。

認め事件

強制わいせつの場合,弁護士を介して被害者に謝罪した上,示談成立を目指すことが活動の中心になります。交渉が難航することも珍しくありませんので,誠実かつ粘り強い交渉が必要不可欠です。仮に,捜査段階では示談が成立せず,裁判段階に移行してしまったとしても,諦めずに交渉を続けることが重要です。同種前科がある場合などは,実刑になってもまったくおかしくありませんので,示談が執行猶予獲得の鍵になります(お知らせ「示談」「情状弁護」も併せてご覧ください)。

また,被害者が示談を完全に拒否している場合,弁護士を介して贖罪寄付を行うこともあります。もっとも,後に被害者が翻意し,寄付金に加えて示談金も用意しなければならないリスクもありますので,贖罪寄付を行うかどうかは,慎重に判断しなければなりません。

他に,自首依存症治療,家族など監督者の存在のアピールなども必要になってきます。特に,繰り返し強制わいせつ行為に及んでしまっている場合,弁護士が紹介する専門のクリニックで性依存症治療を受けなければ,再犯を防止することは難しいといわざるを得ません。

また,弁護士が行為の態様・結果・動機といった基本的な部分もきちんとチェックし,当該強制わいせつ行為が同種事案の中で特に悪質とまではいえないと主張できるような要素を,漏れなく拾い上げる必要もあります(お知らせ「行為責任主義」も併せてご覧ください)。

否認事件

強制わいせつの場合,捜査段階では,弁護士が頻繁に接見するなどして取調べ等の捜査状況を把握すると共に,終局処分の見通しを早期に把握することが必要不可欠です。暴行や脅迫を伴わない準強制わいせつの事案では,合意の上だったとの言い分がよく見られますが,そのことがうかがわれるような客観的状況だったか否かが,非常に重要になってきます。弁護士の見極め次第では,嫌疑不十分を狙うことも十分にあり得るところです。

裁判段階では,弁護士が検察官証拠を吟味し,必要な証拠をさらに開示してもらって精査し,検察官立証の要を崩す方策を見つけ出す必要があります。証人の証言の不合理な部分を反対尋問で徹底的に叩いたり,提出されている客観証拠からだけでは被告人が罪を犯したとはいえないことを説得的に論じたりするなど,事案に応じ様々な手を打っていくことになります。

事案ケース

ホテルの自室でナンパした女性にキスをするなどしたところ,無理強いしたとの容疑をかけられた強制わいせつの事案で,接見を何度も重ね取調べ対応を万全にする等の活動により,嫌疑不十分による不起訴処分を獲得したケース

勤めている会社の顧問弁護士より末原先生を紹介して頂きました。

初めての事で,何が何だかわからないのと,自分が,罪を犯したという自覚もないことから,初めはパニックになりました。

強制わいせつの罪を警察から言われ,大阪から横浜まで連行され,とても辛かったです。

そんな中,末原先生は私のことをしっかり信じてくれて,冷静な判断の下,的確なご指導をして頂きました。

家族への連絡等も色々と配慮して頂いた事もあり,家族も不安をやわらげることができました。

最初は,強制わいせつなどしていないと自信がありましたが,留置所に収容されている辛さから一日も早く出たいと,やってもないのに示談を考えて末原先生に相談しましたが,その時に,示談をすることでこの先どうなるか,とか,本当にやってないならあきらめずに頑張ろう!としっかりとした冷静な考えを持って私をサポートしてくれました。

不起訴処分が確定し,こうして以前と変わらない生活を送れているのも,末原先生のおかげだととても感謝しています。

本当に色々とありがとうございました。

また,今回の件で日本の警察のあり方についてとても不満を抱きました。

末原先生のようなすばらしい考えを持った弁護士さんがもっと増えて,警察,検察の考え方や,やり方を変えて頂けたらと心より祈っております。

弁護士から

逮捕・勾留で20日以上も拘束され,その間絶えず捜査機関のプレッシャー,社会生活を破壊されるかもしれないという恐怖,そして不本意な示談の誘惑に晒され,さぞ辛い思いをされたことと思います。無事不起訴となり,以前の生活を取り戻されたこと,本当に嬉しく思います。

事案ケース

小学生の女児の胸を触ったという強制わいせつの事案で,勾留回避活動による釈放を経て,示談や更生環境整備等の活動により,不起訴処分を獲得したケース

【ご本人の声】

留置場に入って不安だったときに,すぐに面会に来てもらえて,それだけで少し落ちつきました。

そして,僕の状態を見ながらも,自分の家族や祖父母がどんな風に協力しようとしてくれているかもしっかり伝えてもらえて,すぐに信頼できました。

留置場を出た後も,事件を解決するだけではなく,自分が今後生きていくためにどんな心構えでいれば良いかなどが,末原先生のアドバイスで少し見えた気がします。

相手の子のことを考えると,自分のしたことがこのような処分になっていいのかわからなくなりますが,それでも示談に応じていただいたことにはやはり感謝しています。

自分のしたことを忘れずに,普通でいる事がどんなにありがたいことかを噛みしめて生きようと思います。

本当にありがとうございました。

【ご本人のお母様の声】

息子の事件で,警察署に留置されているのに家族は会えず,息子が何をしたのかわからない状況で,末原先生にご相談しました。

末原先生は,その日のうちに接見に行ってくださり,事件の詳細を把握することができ,その後も,検察とのやりとりや,相手の方への謝罪のしかた等,親身になって相談に乗っていただけました。

結果的に,息子は勾留もつかず釈放され,その後,長くかかりはしましたが,相手の方に示談に応じていただくことができ,不起訴で終わることができました。

相手の方との示談の話が始まるまでが,非常に長く感じられ,辛い日々でしたが,末原先生から定期的に連絡をいただくことができて,安心できました。

本当にありがとうございました。

弁護士から

罪を犯した事実は決して消えませんので,被害者様やそのご家族様への謝罪の気持ちを忘れず,生涯反省し続けていってください。お母様は本当にお疲れ様でした。息子さんが二度と道を踏み外さぬよう,しっかりと見守ってあげてください。

事案ケース

約4年半前の同種前科がある中,夜間路上で見知らぬ女性に抱きつくなどしたという強制わいせつの事案で,保釈を経て,示談や依存症治療を始めとした更生環境整備等の活動により,求刑2年6月のところ懲役2年執行猶予5年(付保護観察)という温情判決を獲得したケース

この度は,大変お世話になり,ありがとうございました。

心より感謝申し上げます。

今回,私は再犯をおこしてしまい,ほぼ実刑確実の中,末原先生のおかげで執行猶予を頂くことができました。

示談交渉も難航する中,粘り強く交渉し獲得して頂きました。

裁判の対応では受け答えが上手く出来ず,先生にはご苦労をおかけしたと思いますが,最後まで親身になって的確なアドバイス,時折厳しくご指導頂いたこと,本当に有り難く思っています。

今私が,家族と生活を共にできることを感謝しております。

妻とも末原先生に出会えて良かったと話しております。

私は,今でも裁判が終わってから末原先生が,笑顔で「握手しましょう!」と言ってくれたことが忘れられません。

最高の先生と出会えて感謝しております。

本当に有り難うございます。

追伸

やっと仕事決まりました。

末原先生も,色々忙しく大変だと思いますが,しっかり食べて体力つけて頑張ってください。

弁護士から

ご依頼いただいた当初は,実刑の可能性が高い難しい状況にありましたが,保釈・示談・依存症治療と一つ一つ積み重ね,最終的に執行猶予を獲得することができ,本当に良かったです。支えてくれたご家族のためにも,新しいお仕事頑張ってください。

その他のご案内

弁護士費用
ご依頼の流れ
お客様の声

無料法律相談はこちら

無料電話相談はこちら

無料電話相談はこちら

045-620-9007

電話相談受付時間:8:00~23:00(土日祝対応)

電話相談受付時間
8:00~23:00(土日祝対応)

無料相談フォーム

お気軽にご相談ください

遠慮なくご相談ください!

top