神奈川県横浜市の末原刑事法律事務所公式サイト(刑事事件・少年事件に強い弁護士が適正な弁護士費用で迅速に対応・誠実に弁護いたします。神奈川・東京対応)

ご家族が逮捕されてしまったら,今すぐお電話を!

045-620-9007

無料メール相談はこちら

初回電話相談は無料
8:00~23:00(土日祝対応)
対応地域:神奈川県・東京都

裁判回避

認め事件

いかに逮捕・勾留を回避するかと共に,いかに最終的な処分を軽くするかも,当然重要になってきます。

示談の重要性は,捜査が始まる前の段階のところでも述べましたが,強制わいせつ・強姦・名誉毀損・器物損壊などといった親告罪において,検察官は告訴なしに起訴することはできませんので,示談を通じて告訴を取り消してもらうことが,不起訴獲得への重要な手段になります。

示談以外にも,自首していればそれも重要な要素になりますし,ある種の自己罰である贖罪寄付という手段もあります。また,被疑者の更生環境がどれだけ整備されているかも非常に重要で,家族を始めとした監督者の存在をアピールしたり,再犯防止への取組みとして入通院治療を行ったりすることも考えられます。特に,性犯罪・薬物事犯・窃盗については再犯率が高く,自身が問題を抱えていることを自覚し,しっかりと依存症治療に取り組むことが必要不可欠ですので,専門医療機関をすぐにご紹介いたします。

以上のような弁護活動を通じ,まずは起訴猶予を目指し,悪くても略式罰金としてもらって裁判を回避することが目標になります。

なお,お知らせ「情状弁護」も併せてご覧ください。

否認事件

ご本人との頻繁な接見や打合せを通じ,取調べ等の捜査状況を把握すると共に,検察官とも直接話をして,処分の見通しを把握することが重要です。また,取調べにおける対応の仕方をきめ細かく指導すると共に,検察官に対し,ご本人の言い分の合理性を強調していくことで,嫌疑不十分による不起訴獲得を目指します。弊所弁護士は,嫌疑不十分の獲得実績が非常に多く,強みの一つとなっております。

その他のご案内

弁護士紹介
ご依頼の流れ
お客様の声

無料法律相談はこちら

無料電話相談はこちら

無料電話相談はこちら

045-620-9007

電話相談受付時間:8:00~23:00(土日祝対応)

電話相談受付時間
8:00~23:00(土日祝対応)

無料相談フォーム

お気軽にご相談ください

遠慮なくご相談ください!

top