神奈川県横浜市の末原刑事法律事務所公式サイト(刑事事件・少年事件に強い弁護士が適正な弁護士費用で迅速に対応・誠実に弁護いたします。神奈川・東京対応)

ご家族が逮捕されてしまったら,今すぐお電話を!

045-620-9007

無料メール相談はこちら

初回電話相談は無料
8:00~23:00(土日祝対応)
対応地域:神奈川県・東京都

実刑回避

認め事件

裁判段階における弁護の主眼は,何といっても実刑回避にあります。活動の中身としては,捜査段階の裁判回避活動と共通する部分が多く,特に示談は,判決直前まで粘り強く交渉していくことが重要です。また,保釈が許可されていれば,更生へ向けた入通院治療も可能になりますので,しっかり取り組んでいく必要があります。

そして,捜査段階と決定的に異なる点は,検察官が有罪の根拠と考える証拠を,弁護人も見ることができる点です。弁護人は,たとえ認め事件であっても,開示された証拠を精査し,必要に応じて関連証拠の開示請求を行い,的確な弁護方針を立てていくことになります。その上で,裁判でどのようなことを話していただくか,ご本人やご家族と何度か打合せをすることになります。

仮に,実刑は免れない事案であったとしても,以上のような活動にしっかり取り組んで初めて,大幅な減刑などの温情判決を獲得できる可能性が出てきますので,その重要性に変わりはありません。

なお,お知らせ「情状弁護」も併せてご覧ください。

否認事件

開示された証拠を精査し,検察官が出してきた証拠のうちどれが要か,それを崩すためにはどうすればよいか,徹底的に考え抜くのが弁護人の仕事です。被害者や目撃者の供述が要となっていることが多いので,その供述調書がそのまま裁判所に提出されることを拒否した上,呼び出された被害者等証人の証言をよく聞き,不合理な点を反対尋問で徹底的に叩いていくことになります。併せて,では真実はどのようなものか,被告人質問を通じてしっかりと裁判官に伝えていく必要があります。

この辺りは,弁護人の技量が非常に要求されるところで,経験豊富な弁護士に依頼することが必要不可欠です。

その他のご案内

弁護士紹介
ご依頼の流れ
お客様の声

無料法律相談はこちら

無料電話相談はこちら

無料電話相談はこちら

045-620-9007

電話相談受付時間:8:00~23:00(土日祝対応)

電話相談受付時間
8:00~23:00(土日祝対応)

無料相談フォーム

お気軽にご相談ください

遠慮なくご相談ください!

top