神奈川県横浜市の末原刑事法律事務所公式サイト(刑事事件・少年事件に強い弁護士が適正な弁護士費用で迅速に対応・誠実に弁護いたします。神奈川・東京対応)

ご家族が逮捕されてしまったら,今すぐお電話を!

045-620-9007

無料メール相談はこちら

初回電話相談は無料
9:00~23:00(土日祝対応)
対応地域:神奈川県・東京都

行為責任主義

被告人が有罪であるとき,刑の軽重を決める要素としては,犯罪情状(犯情)と一般情状があります。

示談が成立しているか,被告人が反省しているか,更生環境が整備されているかなどといった要素は,一般情状に属するものと理解されており,執行猶予を付けるべきかどうか微妙な事案などにおいては,このような一般情状が結論を左右することも少なくありません。

ですので,弁護士としては,一般情状に関する弁護活動に全力で取り組む必要があります。

もっとも,日本の刑事司法は,行為責任主義という大原則を採用しており,行為に見合った責任を,という観点から,行為がどれほど悪質か,という点をまず問題にします。

行為は,態様・結果・動機(意思)に大別されて分析され,それが刑の大枠を決めることになります。

弁護士からすると,一般情状の方が主張を展開しやすい一方,犯情については,行為そのものの話で動かし難いため,犯情に関する主張を最初から諦めてしまう弁護士も,残念ながら散見されます。

ですが,犯情こそが情状の根幹部分である以上,ここで被告人にとって有利な事情を主張し損ねるわけにはいかないように思います。

有利な犯情はないか常に考えつつ,一般情状についても,できる限り犯情に引きつけて主張することが,情状弁護においては必要不可欠といえます。(末原)

 
対応地域
神奈川(横浜・川崎・相模原・横須賀・小田原・保土ヶ谷・鎌倉・藤沢・平塚・厚木・戸塚・大船・逗子・久里浜・茅ヶ崎・海老名など)
東京(品川・新橋・渋谷・新宿・池袋・大崎・五反田・目黒・恵比寿・原宿・代々木・蒲田・大森・大井町・浜松町・有楽町・銀座など)

top